visaカードの発行について

visaカードの発行について

世界170カ国以上の地域で使用でき、全世界のカード売り上げの65%以上ものシェアを占める世界最大のクレジットカードであるvisaカード。visaカードのユーザー数は、なんと世界で19億人超。カード売上高は、5,64兆米ドル(年間売上)に上ると言われています。

そんな名実ともに世界No.1のカードとも言えるvisaカードですが、日本国内においてはどのようなところから発行されているのでしょうか。

日本のvisaカード発行会社の統括機関であるVJA(通称VJ協会)によると、2008年3月末現在、VJAグループ全体の会員数は約2,767万人、カード売上高は、7兆9,733億円なのだとか。
このVJ協会に加盟しているのは、都市銀行系各社など80社。これ以外にもvisaを付帯したクレジットカードは数多く発行されており、こうした銀行系のみならず、信販系や提携先独自のサービスがついた提携カードまで含めると、visa全体ではかなり膨大な数のカードが流通していることになります。

これだけ多くの種類が発行されていると、いざカードを作ろうとなったときに、何を基準に選べばよいかわからなくなってしまいますね。でも大丈夫。あなたが求める条件を満たしたカードにvisaさえ付いていれば、国内でも海外でもとても便利に、そして安全で快適にカードライフを楽しむことができるのです。

ぜひあなたにピッタリの1枚を見つけて、visaで快適な生活をお楽しみ下さい。


「VISAカードを賢く使う」記事メニュー

QLOOKアクセス解析