クレジットカードのトラブルNo.1!盗難・紛失対処法とは?

クレジットカードのトラブルNo.1!盗難・紛失対処法とは?

クレジットカードを持っていて一番心配なのは、カードの盗難や紛失です。
現にクレジットカードのトラブルで一番多いのが、この盗難や紛失による悪用と言われていて、電車内や駅、飲食店などの店内、駐車中の車の中からの盗難や、カードデータのスキミングなどが多くなっていると言われています。

日本で一般的に発行されているほとんどのクレジットカードには紛失盗難保険という機能が付帯されていて、盗難や紛失によるカードの不正使用の被害にあった日から、60〜90日(カード会社によって違う)さかのぼってその不正使用額を補償するという内容になっていますが、やはり盗難の被害には遭いたくないもの。

ではこのような盗難や紛失によるトラブルを未然に防ぐ対処法には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは普段からクレジットカードの保管場所をきっちりと決め、時々チェックをすること。そうすれば無くなってしまった場合にも早く気づくことができ、被害金額を低く抑えることにつながります。
次に送られてくる請求書には必ず目を通すこと。身に覚えのない請求が来て初めて、カードの紛失や盗難に気づく場合もあります。必ず請求書は内容を確認するようにしましょう。

いずれの場合も被害に遭ったと気づいたら、すぐにカード会社の緊急連絡先に電話し、最寄の警察署に紛失・盗難の届をおこなってください。こうした連絡をスムーズに行なうためにも、普段からカード会社の緊急連絡先と、ご自分のカード番号の控えを取っておくとよいかもしれません。


「トラブル対処法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析