クレジットカードで多重債務に陥らない注意点と対処法

クレジットカードで多重債務に陥らない注意点と対処法

クレジットカードは、手持ちの現金がなくてもモノが買える便利な一枚。
しかし便利だからといって、次々とほしいものを購入すると、あとから支払いが大変になり、思わぬトラブルになることもあります。

クレジットカードには、個々のカードによって差はあるものの、どれも利用限度額というものが設けられています。限度額はカードを保有する人の収入を見越した設定となっているため、一枚のカードでは支払えないほどの額まで買うことは、基本的にできなくなっているはずです。

しかし何枚ものカードを使って、限度額一杯まで買い物をすれば、支払能力を超えた金額を請求されることになってしまい、こうしたカード利用代金の支払いのためにカードローンや消費者金融で借金を重ねると、あっという間に多重債務者となってしまいます。

多重債務の状況を放置しておくと、いずれは自己破産や任意整理をしなくてはいけなくなります。
そんなことにならないためにすべき多重債務のトラブル対処法には、計画的にお金を使うこと、クレジットカードだからといって安易にモノを買わないこと、買ったものに関しては、いつどこでいくらのものを買ったのかすぐに見返せるように記録を取る、返済が困難になった場合にはできるだけ早く弁護士や司法書士といった専門家に相談するといったことが挙げられます。

トラブルを避けるためには、今自分がどれくらいの支払い金額を抱えているのか、収入と支出のバランスは取れているのか、そういったことを常に頭に入れながらクレジットカードを使うようにしましょう。多重債務のトラブルに対処しなくてすむように、自己管理をしっかりとしたいですね。


「トラブル対処法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析