クーリングオフを利用したクレジットカードのトラブル対処法を知っていますか?

クーリングオフを利用したクレジットカードのトラブル対処法を知っていますか?

クレジットカードのトラブルで多いのがクーリングオフの制度を知らないために発生するトラブルです。
クーリングオフとは、訪問販売法や割賦販売法で定められている消費者保護のための制度で、一定の条件を満たすと店舗以外での購入が無条件でキャンセルできるシステムのことです。
売買される商品の種類や販売方法によってクーリングオフができる期間に差はありますが、訪問販売や電話勧誘販売、割賦販売などにおいて行なわれた契約は、基本的にクーリングオフができるようになっています。

このクーリングオフはクレジットカードで商品を購入した場合にも、支払いが分割の場合は適用可能なので、制度を知っておけば「カードでつい高額なものを買ってしまったけど、よく考えると必要のないものだった」などというときの対処法になります。
ではこのクーリングオフ、いったいどのようにすればよいのでしょうか。

まず、クーリングオフの通知は書面で行うものとされています。口頭では「言った・聞いてない」という争いを招きかねないからです。この通知を行なう書面は、ハガキや普通の手紙でもよいのですが、確実さを確保するためには送ったという証拠が残る内容証明郵便を利用すると安心です。
またクレジットカード利用分の請求が発生しないように、カード発行会社にもクーリングオフした旨を伝えたほうが賢明です。カード会社は受け取った通知を元に調査を行ない、内容が認められると請求を停止してくれます。

割賦販売で購入したものに関しては、実は支払いがすべて終わるまで、買ったもの(販売物)の所有権はカード会社にあります。そのため、全額支払終わる前に、買ったものが必要なくなったからといって転売したり、人にあげてしまったりすることはできません。この点には注意しましょう。

クレジットカードを使うとき「分割なら払えるかも・・・」と、ついつい衝動買いをしたり高額なものを買ったりしがちであとからトラブルに発展する場合も。こうしたクーリングオフの制度を知っていれば、いざというときに慌てず対処することができますね。


「トラブル対処法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析