ブラックリストに載る条件とデメリットとは

ブラックリストに載る条件とデメリットとは

ブラックリスト。誰もが一度は耳にしたことがある名前。
決していいイメージを持たないこのブラックリストという言葉ですが、実際にはどんなものなのでしょうか。

クレジットカードを使って買い物をしたけど、お金がなくて支払いができずに支払期限を過ぎてしまった・・・。
このようにクレジットカードの支払いを延滞してしまうと、カードを保有する個人の信用情報に「延滞情報」が登録されてしまいます。この情報がブラック情報とよばれていることから、「延滞情報」に登録されることをブラックリストに載るというようになったと言われています。

ではこのブラックリストに載るということは、いったいどういうことなのかご存知でしょうか。

通常、カードの利用代金支払日から3ヶ月支払いが遅れると延滞事故の扱いとなり、事故情報が登録されます。一度登録された情報は5年間消えることがなく、この期間はどのクレジットカード会社に申し込んでも審査が通らず、カードを作ることはできません。

また延滞事故になってブラックリストに情報が登録されたあとに延滞金を支払って完済したとしても、延滞した事実や完済した事実は一定期間記録として残り、はやりこの間は新たなカードは作れません。
また自己破産してしまった場合には、7年間記録が残されることになっています。

このようにその後のクレジットカード利用に大きな影を落とすブラックリストへの登録。リストに名前が登録されるようなことのないように、クレジットカードは計画的に利用するようにしたいですね。


「トラブル対処法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析