旅行保険付帯クレジットカードについて

旅行保険付帯クレジットカードについて

海外に年に数回海外旅行に行く方にぜひおススメしたいのが、クレジットカードに付帯されている旅行保険です。クレジットカードに付帯されている海外旅行などの旅行保険には、大きく分けて5つの補償から成り立っています。

・傷害などによって死亡したり後遺症が残ったりした場合の補償(傷害死亡・後遺障害)
・傷害を受けた場合や、病気にかかってしまった場合の医療費などの補償(傷害・疾病治療)
・他人の持ち物をアクシデントなどによって壊してしまった場合の補償(賠償責任)
・持っていた所持品を壊してしまったりなくしてしまった場合の補償(携行品)
・家族や友人などに救援に駆けつけてもらう場合がある場合(救援者費用)

これらの補償が付帯されてくるうえに、クレジットカードの中には無料で旅行保険が付帯される場合もあるので、海外旅行の際に旅行保険に加入するのと比較すると、かなりお得になることが分かりますよね。
クレジットカードを2枚以上持っていて、それぞれのカードに旅行保険が付帯されている場合にはどうなるのでしょうか?

この場合には、死亡保障や後遺障害などに関する保障は、保障額が最も高い額のクレジットカードから補償を受けることになりますが、それ以外の補償に関しては、各クレジットカード会社に申告をすることが可能です。そのため、別に費用を払って旅行保険に加入するよりも、旅行保険が付帯されているクレジットカードを数枚持っていれば、そちらの方が保障額はぐんと高くなると言うわけです。


「旅行で活躍するカード」記事メニュー

QLOOKアクセス解析