クレジットカードの海外使用注意点とは

クレジットカードの海外使用注意点とは

今や、成人人口比では1人当たり3.0枚弱所有していると言われているクレジットカード。3枚どころか、もっと多くのカードがお財布の中に入っている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
誰もが一枚は持っていると言っても過言ではないクレジットカードは、もちろんのことながら海外への旅行や出張の際にも活用される方がたくさんいらっしゃるでしょう。こうした海外でのクレジットカード利用時にトラブルなどで困らないように、どのようなことに注意すればよいかを確認しておきましょう。

海外でのカード使用時に最も気をつけたいこと、それはスキミングや盗難などによる不正使用の被害です。予防策としては、決済は目の前でやってもらい決済額は必ず確認する、書き損じた伝票は自分で破棄する、スキミングが疑われそうな店ではカードを使わない、といったようなことが挙げられます。

またこうした不正使用を避けるために、磁気記録方式のみのクレジットカードはICカードに変更し、サインは偽造防止に役立つ漢字にすることをおすすめします。ICカードはスキミングによる違法複製が難しく、高い安全性と機能性を持つカードです。最近はクレジットカード会社各社から、このICカードが多く発行されていますので、カード作成の際のチェックポイントの一つにしておくとよいかもしれません。

ただし、ICカードを海外で利用する際には、決済にはサインではなく暗証番号の入力が求められます。せっかくICカードにしても、暗証番号が知られてしまうと不正使用されてしまう恐れがあるので、暗証番号の設定には誕生日などの推定しやすいものを避け、定期的に番号を変更することが大切です。

さらにトラブルが起こったときの対応の準備もしておきましょう。カード会社の現地デスクの連絡先などを調べておいて、万が一のときにはすぐに連絡できるようにしておきたいですね。
治安状況が日本国内とは違う海外では、クレジットカード利用時はもちろんのこと、携行時にも今自分のクレジットカードがどこにどういう状態であるのかを常に意識しておくことが大切です。


「旅行で活躍するカード」記事メニュー

QLOOKアクセス解析