公共料金もクレジットカードで払おう

公共料金もクレジットカードで払おう

クレジットカードの中には、クレジットカードを使えば使うほどポイントがたまったりマイレージがたまったりして、特典も大きくなるようなクレジットカードも多いですよね。最近では毎日の食料品を買うスーパーでもクレジットカードを使うことができるお店も多いので、日常生活にかかる全ての経費をクレジットカードで支払ってポイントやマイレージを大きくゲットする賢い方が急増しています。

そんな中で、生活していると必ずある程度の額がかかってくる公共料金もクレジットカード出支払いが出る場合があります。公共料金には光熱費、税金や年金、健康保険、固定電話や携帯電話などの電話料金、新聞やケーブルテレビ料金など、いろいろな種類の料金があり、毎月これらに支払っている費用を考えると、結構まとまった額になるはずです。
それをクレジットカードで支払うことができたら、結構大きな特典をゲットできますよね。

クレジットカードで支払える公共料金は、その自治体や公共料金の種類によるところが大きく、例えば国民健康保険などでもクレジットカード出支払う事ができる自治体もあれば、そうでない自治体もあるので、あらかじめチェックしておきたいところですね。

クレジットカードで公共料金を支払う事に対するメリットは数知れないほどたくさんありますが、デメリットもあるので、あらかじめ念頭に入れておきましょう。例えば公共料金をクレジットカードで支払った場合、自動口座振替にしている場合と比較すると年間に数百円の割引が適用されなかったりする場合もあるようです。


「生活費を節約する方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析