クレジットカードの不正利用防止方法

クレジットカードの不正利用防止方法

クレジットカードの不正利用は犯罪です。
しかも、クレジットカードを持つ人が増えるにつれ、クレジットカードの不正利用による被害も毎年とても多くなっています。クレジットカードを持っている人は、少しでもクレジットカードの不正利用の被害者にならないような対策をするとともに、万が一、被害者になってしまった場合にはどうしたらよいのかをしっかりと念頭に入れておくことが大切です。

クレジットカードを不正利用されないためには、何よりもクレジットカードの番号などを他人に知られないようにすることが必要です。例えば、クレジットカードの利用明細書やレシートなど、そのままゴミ箱に軽くポンと捨てていませんか?それはかなり危険です。必ずシュレッダーにかけてから捨てるようにしたいものです。

また、ネットショッピングなどを良く利用する方の中には、ショップのデータベースに自分のクレジットカード情報を保存しておくと次からのショッピングの時にいちいちカード番号などを入力する必要がないので便利なのですが、これもかなりハイリスク。かならず足跡は自分で消すようにしましょう。

何よりも大切なのは、胡散臭い感じがするお店では、大切なクレジットカードは使わずに現金で払うようにしましょう。特に、海外などではしっかりした感じのお店もあれば、かなり怪しげな感じのお店などもあります。信用が置ける場所でのみクレジットカードを使用するようにしましょう。

また、不審な不正利用を発見した場合には、直ちにクレジットカードの会社へ通報しましょう。事実関係をしっかりと突き止めてから不正利用分に対して補償がされるため、支払い義務がなくなります。
この通報をしないと、支払い義務があなたに発生するので大変な事になってしまいます。


「知りたい規約と補償」記事メニュー

QLOOKアクセス解析