定額リボルビング方式とは?

定額リボルビング方式とは?

定額リボルビング方式とは、毎月一定の金額を支払うことで残高の合計金額を減らしていくという方法です。この定額リボルビング方式の場合、毎月必ず支払わなければならない最小支払い金額(ミニマムペイメント)というものが決まっています。

商品代金と利息を合わせた金額を、この最小支払い金額で割ることで支払い回数が決まるのかな?と思いがちですが、定額リボルビング方式には元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式の二種類があり、支払いの仕組みに違いがあります。

まず、「元利定額リボルビング」は、毎月あらかじめ決まった一定額を支払い、その中から利息を差し引いた金額を元金返済に充てられる支払方法のこと。つまり毎月5,000円ずつ支払うと仮定すると、その金額の中にその中に利息も元金も含まれているということになります。

そして、「元金定額リボルビング」は、毎月あらかじめ決まった一定額に、利息を加えて支払う方法のこと。たとえば毎月5,000円ずつ支払うと仮定すると、その5,000円はすべて元金の返済に充てられ、それとは別に利息を支払うということになります。

このように、ひとくちに定額リボルビングといっても支払方法やその内容にはさまざまな種類があります。中身をしっかりチェックしてから、リボルビングを選ぶようにしたいですね。


「リボルビング払い」記事メニュー

QLOOKアクセス解析