定額リボルビングの注意点

定額リボルビングの注意点

定額リボルビングとは、毎月必ず支払わないといけない最小支払い金額であるミニマムペイメントが一定額であるリボルビングシステムのことです。

つまりクレジットカードを使って購入した商品代金を、毎月決まった額ずつ支払うということ。
購入した商品の代金を指定の回数で割って払う分割払いとは違い、決まった額(定額)を毎月支払うという方法なので、思っていたよりもカードを使いすぎてしまったというときや、高額な商品を購入したというときなどにドンと請求がくることがなく、とても便利な支払方法だということができますね。

この定額リボルビングは、「元利定額リボルビング」と「元金定額リボルビング」とに分けることができ、返済額の決め方に応じて選択されます。
「元利定額リボルビング」は、毎月支払う一定金額のなかに利息が含まれているのが特徴。そのため、支払う金額がすべて元金に充てられるわけではありません。

一方「元金定額リボルビング」は指定された一定金額に利息を上乗せした金額を支払うため、一定金額はすべて元金の返済に充てられることになります。どちらの場合も、利息は元金に対してかかっているので、返済が進めば進むほど利息の割合や額が減っていくことになります。

このように、定額リボルビングといっても、定額の中に金利が含まれている場合とそうでない場合があります。どちらを選ぶかによって、返済の回数や額が変わってくることになるので、定額リボルビングを利用する際には、こうした点に注意が必要です。


「リボルビング払い」記事メニュー

QLOOKアクセス解析