リボルビングで過払いになるの?

リボルビングで過払いになるの?

わたしたちがリボルビング払いで商品を購入する場合、その代金はクレジットカード会社が一時立て替えをしてくれている状態、つまりクレジットカード会社からお金を借りている状況になっていることはご存知ですか?
お金を借りるということは、当然利息がつくことになるわけですが、クレジットカード会社に言われるままに支払いを繰り返すことで過払いの状態になってしまうことはないのでしょうか。

実は、お金を借りたときにかかるこうした利率は「利息制限法」という法律で上限金利が定められています。しかしながら「出資法」では年利29.2%を越えない限り刑事罰には処されないという規定があるため、以前は「利息制限法」の制限利率を超える利息が付されていることが多かったようです。
このように、「利息制限法」は超えるけれども、「出資法」には違反しない範囲の利息をグレーゾーン金利といい、そのグレーゾーン金利の部分の利息の支払いが過払いとなる可能性があるのです。

では、今からリボルビング払いのクレジットカードを作ってリボルビング払いをしたら、過払いになってしまうの?というと、そんなに心配することはありません。
「出資法」が改正されて貸付利率が「利息制限法」の水準まで引き下げられたことや、クレジットカード会社各社がグレーゾーン金利を廃止し「利息制限法」に基づいた金利を明示するようになったことなどで、過払いになってしまう可能性はほとんどなくなったといえます。

「利息制限法」では、元本が100,000円未満の場合は年20%、元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合は年18%、元本が1,000,000円以上の場合は年15%と、利息の上限が規定されています。もしリボルビングの過払いが心配な場合は、お手持ちのクレジットカードの約款などで利率を確認してみるとよいでしょう。


「リボルビング払い」記事メニュー

QLOOKアクセス解析