リボルビング払いの返済のしくみを理解しよう!

リボルビング払いの返済のしくみを理解しよう!

同一のクレジットカードを使って購入したものの支払いを、毎月決まった額ずつ支払うことで残高の合計金額を減らしていくという方法であるリボルビング払いですが、具体的な返済方法はどのようになっているのでしょうか。

たとえば、彼女の誕生日プレゼントに、30,000円の指輪をクレジットカードを使って購入したと仮定します。支払いを2回の分割に指定すると、締め日の翌月に15,000円の請求が、さらにその翌月にももう一度15,000円の請求が来ることになります。
ではこれを分割ではなくリボルビング払いと指定すると、どうなるでしょうか。

リボルビング払いの場合、毎月必ず支払わないといけない最小支払金額というものが決まっています。
これをミニマムペイメントと言います。このミニマムペイメントは支払い最少額であって、必ずしも毎月の返済額となるわけではありませんが、今回はミニマムペイメントを5,000円とし、その額が毎月の返済額だった仮定すると、指輪の代金30,000円を支払うためにはこれを6回繰り返す必要があるので、6ヶ月かけて支払うということになります。

リボルビング払いにした場合、この30,000円に利息がつくことになるので、実際の支払い合計金額は30,000円以上になりますが、もしこの指輪以外になにか別のものも購入したとしても、毎月の支払額は5,000円のまま。ただ支払い回数が伸びるだけ、という形になるのが、リボルビング払いの返済の仕組みなのです。


「リボルビング払い」記事メニュー

QLOOKアクセス解析