海外傷害保険つきクレジットカードが必要な理由

海外傷害保険つきクレジットカードが必要な理由

海外旅行に行く際には必携だといわれているクレジットカード。
確かに、買い物などの際に現地通貨に両替する手間もなく支払えますし、大金を持ち歩かなくて済むので安心ではあります。でも他にも理由があること、ご存知でしょうか。

多くのクレジットカードには、国内および海外の旅行傷害保険が付帯されているのです。保険の補償内容や補償最高金額などは各クレジットカードによって差がありますが、別料金を支払うこともなく、カード会員であるというだけで保険の補償対象となるのです。

国内の旅行時にケガをしたり病気になったとしても健康保険が適用されるので、入院や手術をすることがなければ、医療費自体は多額になることはあまりありません(もちろん国内傷害保険つきクレジットカードがあれば補償の対象となります)。
しかし海外では日本の保険が適用されないため、高額な医療費を請求されることも。そんなときに海外傷害保険つきクレジットカードを持っていれば、海外での思いがけないケガや病気の医療費もしっかり補償してくれます。

よく海外に行くという人も、たまにしか行かないという人も、一枚持っていれば安心なのが、海外傷害保険つきクレジットカード。年会費無料のクレジットカードに付帯されているものもたくさんありますし、補償内容がかなり充実したものや、少しの保険料を支払うだけで補償を上乗せできるタイプの保険を付帯しているものもあります。
海外へお出かけの際には、こうした海外傷害保険つきクレジットカードを一枚、お守り代わりに持っていくと安心ですね。


「目的別に利用する」記事メニュー

QLOOKアクセス解析