もしマスターカードが盗難にあったら・・・

もしマスターカードが盗難にあったら・・・

お手持ちのマスターカードが盗難に遭った場合、まずは落ち着いて行動しましょう。
いつ、どこで、どんな状況で盗難に遭ったのかをまとめます。国内での盗難であれば、警察への被害届も必要になります。また加入しているカード会社へ緊急連絡を入れましょう。

この場合盗難に遭った本人の確認が必要になりますので、できるだけご本人がカード会社へ連絡をされることが大切です。マスターカードが海外で盗難に遭った場合は、カスタマーセンターへ電話をし、盗難に対する措置と、その後の行動に関して相談をすべきでしょう。

ご加入のカード会社のカードデスクでも対応できますし、マスターカードの緊急サービスへ電話をしても対応可能です。
マスターカードのホームページでは、世界各国の緊急サービスの連絡先がpdfファイルなどでダウンロードできます。ぜひダウンロードして印刷の上、手帳やパスポートなどにはさんでおくと安心でしょう。

また海外旅行をしている際に、盗難に遭われた場合、現地の言葉でのコミュニケーションができない場合もありますね。
そういった場合は、日本のカード会社のカードデスクへ電話することも一案ですが、マスターカードの現地での緊急サービスへ連絡することがスマートだと判断した場合、オペレーターへ「Japanese speaker,please(ジャパニーズスピーカー、プリーズ)日本語が話せる人をお願いいたします」と呼びかけましょう。日本語でコミュニケーション可能なオペレーターが、あなたの不安を解消してくれます。


「マスターカードについて」記事メニュー

QLOOKアクセス解析