海外でもマスターカードのワケ

海外でもマスターカードのワケ

マスターカードはインターナショナルカードとして大手のカード会社として認知されています。
日本国内は勿論、海外での提携先も各国にありますので、海外旅行やビジネスなどで幅広くキャッシュレスで利用することができます。

マスターカードは、世界で2800万以上、210以上の国や地域の加盟店で利用できます。ほとんどの国であればマスターカードを利用できますので、一枚あれば心強い味方です。
このマスターカードは各クレジット会社で発行していますが「○○クレジットカードに付随した海外提携のマスターカード」として発行されます。

海外でも使えるマスターカードは、ガソリン会社やデパート・百貨店系カード、航空会社など多数の会社が発行するカードに付加することができますので、ご自身にとって最大のメリットができるカード会社からマスターカードを付加したカードを作成するとよいでしょう。

昨今では、たいていのクレジットカード会社が海外でも使えるインターナショナルカードを推進していますので、マスターカードを指定して海外は勿論のこと国内でのマスターカード加盟店でも利用できるようにしておかれるとよいでしょう。

また利用限度額が大きく変わる、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなどと呼ばれるステータスもありますので、ご自身の職業車や、年収等も踏まえてステータス性のあるカードを作成できるよう申請されると、ご自身の価値も上がることでしょう。


「マスターカードについて」記事メニュー

QLOOKアクセス解析