マスターカードの海外保険を利用するには

マスターカードの海外保険を利用するには

インターナショナルカードとしてマスターカードを海外でも利用したい時に気になるのは、海外で適用される保険が付帯されているかどうかでしょう。

マスターカード自体には、盗難時や不正利用の際の保険があらかじめついていますが、カード会社の設定によりステータス別に海外旅行時のもしもの時に安心できる海外保険も自動付帯されているものがあります。

死亡保険は勿論のこと、傷害・疾病時の治療代・賠償責任や携行品の損害などもカバーされますので、安心です。最大補償額はカードホルダーのステータスによって変わりますし、家族会員・本会員の子供などに当たる方は減額される場合もあるので注意が必要です。

また、カード会社によっては家族会員には海外保険が付帯されない場合もあるので約款等を確認されることをお勧めします。また海外での万が一の事故に関しては、マスターカードのみの海外保険のみでは補償金額も含め、すべてをカバーしきれないことを念頭に置くべきでしょう。
できる限り単体での海外保険に加入されることを強くお勧めします。

マスターカードでの補償が欲しい方は、できるだけゴールドカード以上のステータスをもって海外旅行へ出向かれることをお勧めします。加入しているカード会社のワールドカードデスクが充実している場合には、海外旅行中に不慮の事故や病気に遭った場合、日本語でも通じる病院を紹介または手配してくれたりもします。

このように相談できる窓口があるカード会社のマスターカードを一枚保持していると何かと安心でしょう。


「マスターカードについて」記事メニュー

QLOOKアクセス解析