銀行が発行するマスターカードの注意点

銀行が発行するマスターカードの注意点

バンクカードなどと呼ばれている銀行が発行するクレジットカードにもマスターカードを付加することができます。
銀行系のカードではマスターカードなどの付加によるクレジット機能と、銀行口座から即引き落としができるデビットカード機能、キャッシング機能などが全てまとめられたオールインワンカードになりますので、カードのまとめができるために財布もスマートになることでしょう。

都銀や地銀、インターネット専業銀行でもマスターカードを付加したクレジットカードやキャッシュカードを発行していますので、気になった方はぜひ申し込みをしてみるとよいでしょう。
昨今のバンクカードは、ICチップを搭載してセキュリティーを強化させたカードを発行しているので、できる限り暗証番号の入力で決済可能なICチップ付きのクレジットカードを選択するようにしましょう。

このようなクレジットカード機能がついたオールインワン形式のキャッシュカードを用いてATMから現金引き落としを利用する際、カードの方向を誤ってしまうとクレジットカードのキャッシングを利用することになってしまいます。

キャッシングの際の金利手数料と返済額がマスターカードを通じてカード会社から請求を受けることになりますので、ご注意ください。

海外での通貨が必要になった際に、マスターカード一枚あれば、マスター対応の銀行ATMで現地通貨を調達することができます。日本でもマスターカードのマークがついている銀行ATMが多数ありますので、キャッシングも気軽に行うことができます。


「マスターカードについて」記事メニュー

QLOOKアクセス解析