プラチナカードへの入会方法とそのサービスとは

プラチナカードへの入会方法とそのサービスとは

ゴールドカードよりもさらに上のステータスとして位置づけられているのがプラチナカード。
当時、最上位だったゴールドカードの会員数の増加に伴い、さらなる上位ランクカードの発行を求める声に応えて、1984年にアメックスがアメリカ市場で発行したのが始まりと言われています。
また「プラチナカード」という商標権もアメックスが保有しています。

このプラチナカードは、ゴールドやクラシックの各カードとは違い、通常の入会申し込みでは手にすることができないものが多く存在します。
アメックスやVISAなどのプラチナカードは招待制がとられており、各社の社内基準(年間の利用額や返済が滞ったことがないかなど)を満たした会員のみが招待されると言われています。

この基準は一般に広く公開されていないため審査の詳細はよくわかっていません。
最近では招待制ではなく、年会費を支払えば持つことができるプラチナカードも存在していますが、招待制のプラチナカードと比べるとステータスやサービス内容は劣る傾向にあるようです。

カード会社や発行されているカードによって差はあるものの、プラチナカードの年会費は5万円以上するところが多いようです。
気になるサービスの内容ですが、各社によってかなりの差はあるものの、世界90カ国以上の国々の500を超える空港ラウンジの無料利用や、コンシェルジュデスクによる旅行やレストランなどの予約手配、ゴールドカードより高額の保険補償額など、プラチナの名にふさわしいものとなっています。

ゴールドより高い価値と希少性を持つプラチナ。
銀色に輝く高いステータスを誇る一枚、それがプラチナカードです。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析