日本で業界最大手のJCBってどんなブランド?

日本で業界最大手のJCBってどんなブランド?

JCBカードは日本で発行されている唯一の国際ブランド。
2007年3月末現在の会員数は約5,575万人、加盟店は世界190の国と地域で約1,350万店と、JCBは日本のクレジットカード業界では最大手の規模を誇っています。

JCBカードを発行するJCBは、旧三和銀行と旧日本信販によって、株式会社日本クレジットビューローとして1961年に設立されました。
その後、1978年に社名を現在の株式会社ジェーシービーに変更。1981年からは日本のクレジットカード会社として初めて国際展開に乗り出し、加盟店を開拓。1985年にカードの海外発行を開始し、現在に至っています。

そんな日本国内ではトップクラスの会員数と加盟店網を持つJCBカードですが、カードの発行形態は「JCB」「JCBのフランチャイジー」「ライセンス発行会社」の3種類となっています。
自身はクレジットカードを発行しないVISAやMasterCardといった他の国際カードは違い、JCBカードは自身がカードを発行しているという点が、大きな特徴です。

ブランド共通のサービスとしては、成田と関空に置かれた空港サービスデスク、世界の主要都市に設置されたJCBプラザ・JCBデスク、各種優待を受けられるJCBショッピング&ダイニングパスポートなどがあり、充実した内容となっています。

JCBから発行されているカードは、各種プロパーカードや付加価値型カード、各鉄道会社との提携カードなどがあり、いずれも特色あるものとなっています。
またJCBカードは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとしても有名ですよね。パーク内でJCBカードが使えるのでとても便利です。

唯一の日本発国際ブランド、JCB。あなたにピッタリな一枚がきっとあるはずです。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析