やっぱりETCカードは持ってた方が便利なの?

やっぱりETCカードは持ってた方が便利なの?

車をお持ちの方なら、今や必携の一枚と言われているETCカード。
このETCカードとはいったいどういうものなのでしょうか。

ETCカードは、ETCを利用した高速道路通行料金を支払うためのカードで、クレジットカードとほぼ同じ大きさのプラスチックカードに、ICチップと車載器との接続のための端子が埋め込まれています。
このICチップと車載器が情報をやりとりし、通行料金の記録をおこなっています。

最近ではETC車載器も付けた車がかなり増えていますよね。それにともないETCカードの発行も増えていると思います。ETC車載器は自動車ディーラーやカー用品店などで販売されていますが、割安なキャンペーンを実施しているときもあるので、ETC車載器を購入するときは注意してみるといいですね。さらに最近ではETCを利用すると高速料金が割引になるサービスなどもありますます便利になってきています。

ではETCカードを作りたい場合には、どうすればよいのでしょうか。

ETCカード自体は車載器にセットして使用するもので料金の支払い機能は搭載されていないため、通常は料金の支払能力のあるクレジットカードの追加カードとしてオプション発行という形が取られています。

そのためあらかじめETCカードの発行に対応するクレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードと同時に新規に申し込む必要があります。このようにETCカードを利用する場合は、クレジットカードとは別に専用のカードが発行され、クレジットカードが親でETCカードが子という形になります。

こうしたETCクレジットカードでは、ETCカードの通行料金も親カードのポイントサービスの対象となっているところが多く、親カードのショッピング利用分などと合わせてポイントを活用することができるようになっています。また、親カードがリボルビング払いを選択している場合は、ETC利用分もリボルビング払いとなるものが多くなっています。

このようにETCカードにはさまざまなメリットがあります。まだETCカードをお持ちでない方は一度検討してみるのもいいですね。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析