ダイナースクラブを持てる人は限られている?

ダイナースクラブを持てる人は限られている?

クレジットカードの中でも、上級カードという認識の強いダイナースクラブカード。
その創業は古く、1950年にアメリカ・ニューヨークで設立され、国際的クレジットカードの草分け的存在として知られています。日本国内においても、起源となるクレジットカードを初めて発行したのは、1960年に設立された日本ダイナースクラブです。

そんな、クレジットカード発行会社として歴史のあるダイナースクラブですが、日本国内ではその発足当初から富裕層を会員対象とした事業をおこなっていたため、入会基準が以前より緩和された今でも、ダイナースクラブは上級カードとして広く認識されています。

現在、日本においては、シティグループ傘下のシティカードジャパン株式会社がダイナースクラブに関する事業を展開しており、ダイナースクラブカードとプレミアムカードの2つのグレードがプロパーカードとして発行されています。

ダイナースクラブカードは一般カードでありながら、グレードやサービスは他社におけるゴールドカード、またはそれ以上に相当するとされています。またプレミアムカードは、他社のブラックカードに相当するグレードに位置づけられており、ダイナースクラブからのインビテーションがないと入会できない仕組みになっています。
ほかにも日本国内においては、さまざまな提携カードが発行されています。

ダイナースクラブへの入会時には高い属性が要求されるため、ステータスが高いブランドといわれるこのダイナースクラブカード。いつかは手にしたい一枚です。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析