クラシックカードは最も基本となるグレード

クラシックカードは最も基本となるグレード

クラシックカードとは、各クレジットカード会社が発行するカードラインナップの中でも、最も基本となるグレードのカードのことです。
クラシックカードはカード会社によって「ベーシックカード」や「一般カード」などの名称がありますが、サービスや保障の内容などはどこも似た感じになっています。

こうしたクラシックカードの場合、年会費はおおよそ1,000円程度。最近では年会費無料のクレジットカードも数多く発行されています。また年会費の設定はあっても、一度でもクラシックカードを利用すれば、翌年は年会費無料となるカード会社なども見受けられます。

クラシックカードの利用限度額に関しては、カード会社が設定する枠の一番少ない金額となっている場合が多いようですが、利用期間や利用金額によって増額されることがよくあります。
クラシックカードによって差がありますが、おおむね50〜100万円程度まで増額されるようです。普段のちょっとした買い物や、公共料金などの引き落としに利用するのであれば、この程度の限度額で十分だと言えます

初めてクレジットカードを作るという場合、ほとんどの方がこうした最も基本となるクラシックカードを作ることになります。もっと上級グレードのカードがほしい!と思っても、いきなり作れるというわけではありません。
まずはクラシックカードを利用し、その利用代金を着実に支払うことで、カード会社との信頼関係を築くことが大切です。

信用が深まり、利用実績が重なっていけば、上級グレードカードへの招待を受けられるかもしれませんし、自ら申し込んだ際にも審査が通りやすくなるかもしれませんよ。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析