最上級グレードがブラックカードと呼ばれる理由

最上級グレードがブラックカードと呼ばれる理由

ブラックカードは、プラチナカードの保持者の中から特に優良な会員(利用実績、資産額や年収などで審査を受け選定された人)に対して、カード発行会社による招待でのみ入会が認められる、クレジットカードの中でも最上級に位置づけられているカードです。私自身、実際にブラックカードを目にしたことがありません。

日本国内においては数社が発行しており、カードの色が黒いことからブラックカードと呼ばれるようになりました。
黒は欧米において最も高貴な色とされており、そのためクレジットカードの最上級カードにこの色を用いたのではないかと思われます。

このブラックカード、入会方法は完全に招待制となっており、それ以外の入会方法はありません。
当然のことながら、ブラックカード入会の前提条件としてプラチナカードを取得しておく必要があります。招待の条件として、年間利用額1000万円以上、資産額は1億円以上と言われていますが、審査基準は公開されていないために詳細はわかっていません。

ブラックカードに付帯されるサービス内容は、プラチナカードに含まれるものは全て履行されるのはもちろんのこと、航空券やホテルの無償アップグレード、24時間対応のきめ細やかなコンシェルジュサービスなどが特徴となっています。

ブラックカードの年会費は10万円程度のところが多いようですが、アメックスのセンチュリオンは36万7千5百円と高めの設定になっています。その分、利用限度額は一律には設定されておらず、個々の会員の資産や利用実績などにあわせて決められるようです。

高級車や住宅などの高額なものまで、これ一枚で買えてしまうというブラックカード。一度は目にしてみたいものですね。


「カードの種類」記事メニュー

QLOOKアクセス解析