写真入りのクレジットカードが主流に?

写真入りのクレジットカードが主流に?

クレジットカードの中には、自分自身の顔写真を入れることができるタイプのクレジットカードもあります。
欧米ではスタンダードになりつつある顔写真入りのクレジットカードですが、日本でも顔写真入りのクレジットカードを希望している人が増えています。

しかし、顔写真がクレジットカードの表面についているからといって、必ずしも完全に防犯で切るわけではありません。もちろん、顔写真がついていることによって盗難による不正利用などはある程度は防ぐ事ができますが、ネットでの利用やATMから現金が引き出されてしまうような犯罪は完全に防ぐ事ができません。
犯罪者もプロなのです。「顔写真がついていた方が少しは防犯効果はあるけれど、顔写真のみに頼ってはいけない」ことを認識することが大切ですね。

顔写真がついているクレジットカードはフォトカードなどとも呼ばれています。国内では住友系のクレジットカードがフォトカードを標準オプションにしているので、顔写真が入ったクレジットカードを持ちたい場合には、住友系が良いかもしれませんね。
以前では他にもおおくのクレジットカード会社がフォトカードを奨励していましたが、最近ではあまり防犯効果が高くないためか、フォトカードの人気も下がりつつあるようです。

フォトカードはクレジットカードに顔写真が入っているだけなので、身分を証明するIDの代わりにはなりません。うっかり運転免許書を忘れてしまった時に身分証の提示を求められても、フォトカードで身分証明書の代わりにはならないので注意しましょう。


「家族にうれしいカード」記事メニュー

QLOOKアクセス解析