コンビニで買い物するならコンビニ系クレジットカードが断然お得!

コンビニで買い物するならコンビニ系クレジットカードが断然お得!

コンビニ系クレジットカードとは、その名のとおりコンビニを経営する親会社が発行しているクレジットカードのことです。

手持ちの現金がなくてもクレジットカードさえあれば、どこでも何でも買えるから大丈夫。そう思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、実はコンビニには未だにクレジットカードが使えない店舗もあるのです。ご存知でしたか?

コンビニでクレジットカードが使えない理由、それは顧客の一回あたりの購入金額の低さだと言われています。顧客がクレジットカードを利用して決済すると、カード会社は集金手数料をそこから徴収することになっています。この手数料は利用代金に合わせて上がっていくのですが、コンビニのように一回の購入単価が安い場合にカード決済されると、売り上げから手数料を差し引いたら利益がなくなってしまうのです。
だからカードが使えないコンビニが存在するのです。

でもよく行くコンビニでカードが使えたら便利ですよね?そんなニーズに応えて発行されたのがコンビニ系クレジットカードと呼ばれているカードです。

たとえばファミリーマート全店で利用可能な「ファミマTカード」。利用額1万円未満はサイン不要なほか、ファミマカードでの支払いで毎週火曜日と土曜日の対象商品の買い物が10%オフとなるお得なサービスもあります。ショッピングなどで貯まったTポイントは、1ポイント=1円で、1ポイントから支払いに使うことができてムダがありません。

またローソン全店で利用可能なのは「JMBローソンパスVISA」カード。
こちらも利用額1万円未満はサイン不要で、対象商品は会員価格で購入することができます。ショッピングなどで貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALのマイレージなどの提携ポイントと交換が可能となっています。

このように日常のちょっとしたコンビニでの買い物にも使えて、その上オトクなコンビニ系クレジットカード。
少しの割引額でも、積み重なれば大きな金額になります。持っていて損はない一枚、それがコンビニ系クレジットカードです。


「系統別カード」記事メニュー

QLOOKアクセス解析