クレジットカード系統別に見てみよう

クレジットカード系統別に見てみよう

クレジットカードの「系統別」とはどうゆうことなのでしょう。
クレジットカードの表面をみると、大抵はJCBやVISAなどの国際ブランドのロゴが入っていますよね。それとは別にいろいろな企業や店舗などのロゴも入っていると思います。その部分のサービスことです。
それらのサービスをさして提携カードという表現を使われている場合があります。

クレジットカードのサービスを大きく分類すると、まずは国際ブランドがあります。このブランドの加盟店ならば世界中で使えるというのが一つありますね。
そしてもうひとつが提携サービスです。これは企業や銀行、小売り店などが提携して発行するものです。じつは申込みを受け付けているクレジットカードは提携カードであることがほとんどだそうです。
提携カードにはその発行した企業等がさまざまなサービスを付加しているので、利用する方としてもメリットが大きいのです。

最近の代表的な提携カードは系統別にすると、石油系、コンビニ系、デパート系、航空系、スーパー系などがあげられます。石油系はガソリンスタンドでの利用、コンビニ系はコンビニでの利用、デパート系はデパートや百貨店、スーパー系は大手スーパーでの利用に特典が付くようになっています。そして航空系はいわゆるマイルが貯まりやすいのが特徴ですね。

それぞれの系統別提携カードにはどのような特徴やメリットがあるのでしょう。詳しく見ていきたいと思います。そうすることで自分のライフスタイルに合うお得なカードを見つけられると思います。
ここではクレジットカードを系統別に分類してそれぞれ詳しく解説していきます。


「系統別カード」記事メニュー

QLOOKアクセス解析