電子マネーsuicaのメリットは?

電子マネーsuicaのメリットは?

suicaとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が発行するICカードのことです。
suicaにはさまざまな種類のものがあり、クレジットカード機能を搭載したクレジットカード一体型や、通勤や通学の定期券との一体型など、多彩なものが発行されており、券売機や窓口、自動清算機などで最大20,000円までカンタンにチャージすることができます。

クレジット機能が搭載されていないものに関しては、加盟している鉄道駅内の自動券売機や窓口などで、預かり金500円で販売されています。
またクレジットカードとの一体型は、オートチャージ機能が搭載されているのでとっても便利。チャージ金額が少なくなっても、券売機などでわざわざチャージする必要がありません。

首都圏や仙台、新潟の各エリアとTOICA(JR東海)」やICOCA(西日本)、さらにPASMOの適応エリアで、切符を買うことなくタッチアンドゴーで改札を通過できるsuicaですが、もう一つの大きなメリットは、なんといっても電子マネーとして活用することができるという点です。
お出かけや通勤の際ちょっとした買い物をしたいというとき、suicaが一枚あれば電車に乗れるだけではなく、わずらわしい小銭を用意する必要もなくスピーディなお買い物が可能になります。

また一体型suicaを電子マネーとして利用のする際には、なんとsuicaポイントが貯まるようになっています。貯まったポイントは、そのままsuicaにチャージすることも、他の提携ポイントプログラムなどに移行することもできてとってもオトク。普段からよくJRを使うという方や電子マネーを利用したいという方にイチオシなのが、この電子マネー機能を搭載したsuicaなのです。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析