電子マネーの普及と課題点について

電子マネーの普及と課題点について

鉄道系を初めとして、流通業界からも参入が進む電子マネー。近年はその種類やサービス内容も多彩なものとなり、殊に携帯電話に電子マネーの機能が搭載されてからは、利用者の数も右肩上がりの状態のようです。このように多くの人が利用するようになりつつある電子マネーですが、今後はどのように普及していくのでしょうか。

電子マネーを一般消費者が使えるようになったのは1990年代後半あたりから。
百貨店や大型スーパーなどといった一部の店舗でしか利用できず、しかもサインという煩雑な手続きが必要だったクレジットカードは、インターネットショッピングの場面でも、ネットワーク越しに販売業者にクレジットカード番号を知らせなければならないといったデメリットがありました。
そうしたデメリットをカバーし、さらに利便性を高めたものとして用いられた電子マネーは、社会のニーズとしっかりとマッチし、広く普及するようになりました。

このように時代のニーズにしっかりとマッチしている電子マネーですが、今後の普及にはどのような課題点があるのでしょうか。

一番の大きな課題となりそうなのは、読み取り端末の共通化です。現状では電子マネーや非接触型クレジットカードの規格はバラバラで、電子マネーの加盟店は規格ごとに1台ずつ端末を入れなければならないのが現状です。
端末機の導入は、各加盟店にとっては大きな負担。もしどの電子マネーにも対応可能な端末ができれば、導入する店舗も増えていき、それに伴って電子マネーの普及はより一層進むことになるかもしれません。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析