電子マネーの換金方法を覚えておこう!

電子マネーの換金方法を覚えておこう!

非接触ICカードやおサイフケータイなどといった形態で流通している電子マネー。
使った分だけあとで請求される後払い式の「ポストペイ形式」の電子マネーは別として、前もって入金が必要な前払い式の「プリペイド形式」の電子マネーの場合、すでに入金して電子マネー化したお金は、現金に換金することはできるのでしょうか?

電子マネーが現金に還元できるか否かは、種類によって違いがあります。たとえばPASMOやsuicaの電子マネーの払い戻しには、手数料が210円かかりますが、換金することは可能です。ほかにもjnb電子マネーの場合には、最大で294円の手数料が必要となります。
またnanacoやwaonの場合は、いったんチャージして電子マネー化したお金は換金することはできなくなっているので注意が必要です。

しかし、どうしても手数料なしで現金に換金したい、換金できない場合でも何とかして現金化したい、というときに使える奥の手があります。それは返品や返金を利用するという手です。

電子マネー残高をなくして、すべてを現金化するためには、電子マネー残高を使いきれる程度の商品を何か購入し、レシートと商品を大切に保管して翌日以降に「間違って買ったから返品したい」と商品にレシートを添えて申し出れば、電子マネーで購入したものでも現金で返金してくれることになります。
あまり褒められた方法ではありませんが、このやり方であれば手数料をかけることなく、電子マネーを換金することができます。

電子マネーを持つ際には、使い勝手の良さと利用の継続性をしっかりと考え、特に現金に換金されないものに関しては換金されないということが自分にとってデメリットにならないかどうかを考えて選ぶようにしたいですね。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析