ポストペイ形式電子マネーとは

ポストペイ形式電子マネーとは

ここ数年、利用者数が増加し、その市場規模も拡大を続ける電子マネー。
この電子マネーには大きく分けて2つの種類があることをご存知ですか?

1つはPASMOやsuicaなどの交通系電子マネーを代表とする「プリペイド形式」電子マネー。
「プリペイド形式」の場合は前払い式。スーパーやコンビニのレジ、専用端末、駅の券売機などでチャージをすることができ、買い物などの代金は前払いした額から差し引かれることになります。

もう1つはクレジットカードと連動しているものがほとんどの「ポストペイ式」電子マネー。
「ポストペイ式」の場合は後払いとなっており、利用代金はクレジットカードと同様に毎月決まった期日にまとめて支払う形となっています。

もともとは、小額決済には不向きであったクレジットカードの利用を促そうと、小額決済向けに電子マネーが導入されたという経緯もあって、「ポストペイ形式」電子マネーはクレジットカードに追加される決済手段としての側面を色濃く持っています。
そのため、この「ポストペイ形式」電子マネーは、そのほとんどがクレジットカードを親カードとしている場合が多く、なかにはクレジットカードとの一体型となっているものも数多く見られます。

「ポストペイ形式」電子マネーでよく知られているものには、三菱UFJニコスの「Smartplus」やNTTドコモの「iD」、VISAの「Visa Touch」などがあります。
「ポストペイ形式」電子マネーは、残高を気にすることなく、また度々のチャージの必要もなく、便利に使えるという点がユーザーから高い評価を受けている電子マネーなのです。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析