今や携帯で電子マネーは当たり前!

今や携帯で電子マネーは当たり前!

あなたは「おサイフケータイ」という言葉を聞いたことはありませんか?
携帯電話は話をしたりするものなのに、なぜおサイフが関係あるの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、携帯電話に電子マネーの機能を付帯させ、まるでおサイフのように携帯電話を使うということは、今ではごく当たり前のことになったのです。

現在、携帯電話に付帯できる電子マネーの種類は7つと言われています。EdyやSuica、VisaTouchにiD、Quicpay、nanaco、WAON、この7種類が「おサイフケータイ」として利用可能になっていますが、この7種類は前もって入金が必要な「プリペイド」と使った分だけ請求される「ポストペイ」の2つに分類されています。

またそれぞれサービス内容や利用方法が異なっているうえ、すべての携帯電話が「おサイフケータイ」を利用できるわけではありません。おサイフケータイで使うにはどちらも専用のアプリ(ソフトウェア)を対象機種でダウンロードする必要があるので注意が必要です。

この「おサイフケータイ」の使い方はカンタン。店頭に設置されている読み取り専用の端末機にかざすだけでOK。おサイフとしての機能だけではなく、会員証やポイントカードとしての機能も付帯してくれているから、今まで持ち歩いていた、たくさんのカード類を携帯電話に集約することができてとても便利なのです。
しかも携帯電話をかざすだけで支払いが完了してしまうから、小銭を探したりレジ打ちの時間待ちをしたりする手間も省けてしまいます。

携帯で電子マネーが使えれば、こんな便利なことはありません。これからも「おサイフケータイ」の普及は進むものと思われます。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析