電子マネーに種類があるのを知ってますか?

電子マネーに種類があるのを知ってますか?

suicaやPASMOといった鉄道会社系や、イオンのwaonなどの流通系、またネット専用のちょコムなど、さまざまな形態のものが発行され、今後もますます普及していくことが予想される電子マネー。
最近は読み取り端末を置く小売店も増え、着実に利用者が増加しているということですが、この電子マネーにはどういった種類があるのでしょうか。

現在、電子マネーの一般的な形態して利用されている非接触ICカードですが、その種類は大きく2つに分けることができます。
1つ目はプリペイド形式のもので、Edyやsuica、PASMO、nanaco、waonなどがこれに分類されます。2つ目はポストペイ式の電子マネーで、iDやQUICPay、SmartPLUS、Visa Touchなどはこれに当たります。

プリペイド型は、その名のとおり前払い式の電子マネー。専用端末や駅の券売機、店頭レジなどで入金(チャージ)をすることで利用が可能となります。クレジットカードと連動しているものには、残高が一定の水準を下回った際に自動的にチャージ(オートチャージ)をしてくれるものもあります。

ポストペイ型は、後払い式のサービス。ポストペイ型電子マネーの使い方はクレジットカードとほとんど同じで、その場で決済は行なわれますが現金を支払う必要はなく、月末などの決められたタイミングで一定期間分の支払いがまとめて請求され、それを決められた期日に支払うという形式になります。

このように2つの形態がある電子マネー。あなたのライフスタイルに合わせて選べば、とても使い勝手の良いものになるでしょう。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析