コンビニで使える電子マネーとは

コンビニで使える電子マネーとは

ここ数年で広く普及し、より多くのシーンで利用することができるようになった電子マネー。種類も増えて、以前よりもグっと身近なものになってきました。「持っている」「普段から使っている」という方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

電子マネーの利点は、なんといってもスピーディな決済と利便性の高さ。小額決済に適しているため、比較的販売単価の低いコンビニでの採用が増え、今ではほとんどのコンビニで電子マネーが利用できるようになっています。

小銭を持ち歩かなくて良い、支払いに時間がかからなくて便利など、利用する側に利点がある電子マネーですが、実は店側にも大きなメリットがあります。たとえばレジの決済スピードアップ。電子マネーでの決済は金銭の授受がないため、決済を手早く処理できるほか、セルフレジの導入も可能となり人件費の節約につなげることができます。
ほかにもクレジット機能つき「ポストペイ型」(後払い)の電子マネーの場合には利用金額が後から請求されるので入金作業と残高の心配をする必要がなく、客単価の上昇が期待できます。

コンビニで使える電子マネーには、クレジットカードやキャッシュカード、会員カードなどと一体化したカード型や、おサイフケータイに機能として搭載されているものなど、さまざまな形があります。利便性の高さと形態の多様化で、これからもますますコンビニでの電子マネー利用シーンが増えていくことでしょう。


「電子マネーの利用方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析