クレジットカードとは?

クレジットカードとは?

これ一枚で、お買い物ができたり何らかのサービスが受けられたりと、とっても便利なクレジットカード。きっとあなたのお財布の中にも、一枚は入っているのではないでしょうか。
普段何気なく使っているクレジットカードについて、あなたは詳しくご存知ですか?まずはクレジットカードとはいったいどういうものなのか調べてみましょう。

クレジットカードの「クレジット」とは、「販売信用」という意味です。あなたがどこかでクレジットカードを使うと、いったんカード会社がお店への支払いを肩代わりします。そのあとカード会社からあなたに代金を請求する形になります。
この肩代わりが「販売信用」ということになるので、この支払いを肩代わりしてくれるカードのことを、クレジットカードと呼ぶのです。

そんな「販売信用」という形で使えるクレジットカードですが、このカードにもさまざまなブランドや種類、グレードなどがあります。
また、カード会社から信用される人が持つことができるわけですから、カードを持つには一定の条件を満たす必要があるのです。

カードによって入会審査の基準や年会費、利用限度額や支払方法、サービス内容などにかなりの違いがあるので、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと見極めて、自分の利便性に合った一枚を見つけることができれば、ほんとうに使い勝手の良い便利な一枚になることは間違いありません。

どうしてこんなカード一枚で買い物ができるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードには契約者の番号や個人の情報が記録された磁気ストライプやICチップが付いていて、こうした情報をお店側が機械で読み取ることで、どこの誰がいくらのものを購入したという情報をクレジット会社に送ることができるようになっているのです。

つまり、「販売信用」をしてくれる、いろんな情報がたくさん詰まった大切な一枚、それがクレジットカードなのです。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析