クレジットカードの決済のしくみとは

クレジットカードの決済のしくみとは

お店の人にカードを提示して、サインをしたり暗証番号を入力したりするだけでお買い物ができるクレジットカード。とても便利なので利用する機会も多いと思います。
でも買い物をしたお店は、いったいどうゆうしくみで購入金額や利用した個人の情報などをクレジット会社とやりとりしてるんだろう?クレジット会社はどのような情報を元に、利用者に購入金額を請求するのだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

ここでクレジットカードを使った、商品の購入から支払い、利用代金請求まで、クレジットカードのしくみを確認しておきましょう。

あるショップで買いたいものを選んでレジに持って行き、カードと一緒に店員さんに差し出すと、店員さんがクレジットカードの磁気をレジや端末機で読み取らせているのを見たことがあるかと思います。
あの作業は、クレジットカード会社にクレジットカードが利用できるかどうかの問合せをしているもので、オーソリゼーションといいます。
オーソリゼーションを行なう端末機をCAT(クレジット・オーソリゼーション・ターミナル)といい、問い合わせの結果カード利用を承認された場合にはCATから伝票が発行され、その伝票に署名することで支払いが完了します。

このようなしくみを使っての購入は、商品代金をクレジットカード会社が立て替えて支払ってくれていることになっているので、当然ながら立て替えた分は利用者本人に請求されることになります。
クレジットカードで商品を販売したクレジットカード加盟店は、クレジットカード会社との契約に沿って締め切り日にクレジット会社に売上伝票を送付します。クレジット会社では、その売上伝票に基づいて、後日利用者に代金の請求を行うことになります。

この請求に関しても締め切り日があり、締め切り日の翌月に請求書を送ることになるので、クレジットカード会社への支払いは商品の購入から約1ヵ月後となる場合が多くなります。
理解できたでしょうか?これがおおまかなクレジットカードのしくみになります。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析