信販系クレジットカードの特徴とそのメリットとは

信販系クレジットカードの特徴とそのメリットとは

信販会社とは、割賦購入あっせんやリース事業、信用保証業務などを行なっている金融会社のことです。
ローン会社、クレジット会社などと呼ばれることが多いので、こちらの名称のほうがなじみがあるのではないでしょうか。

こうした信販会社が母体となって発行しているのが、信販系のクレジットカードです。大手の有名なところでは、株式会社ジャックスや株式会社オリエントコーポレーションなどが、こうした信販系クレジットカードの発行母体となっています。

信販系クレジットカードの一番の特長は、分割払いが可能であるという点でした。
かつて、銀行系カードは一括払いしかできないものが多かったため、分割払いを希望する消費者は信販系カードを持つ傾向が強かったのですが、21世紀に入って銀行系カードも分割払いできるものがほとんどとなったため、分割払いは信販系カードの大きな特長とはいえなくなっています。

またこうした信販系カードの発行母体である信販会社も、業界の再編などに伴い銀行の傘下に入って子会社化されているところが増えており、信販系カードと銀行系カードは近づきつつあるといえる状態となっています。

また信販系クレジットカードの中にはメーカー系会社の金融部門グループが発行しているものもあります。
大手ではトヨタファイナンス株式会社などがありますが、そうしたメーカー系カードはグループの優良な資金調達力を活かして、クレジットカードやショッピングクレジット、自動車ローンや住宅ローンといった分野で業績を伸ばしています。

信販系クレジットカードを持つなら、こうした特化した分野で使えるものや、ポイントサービスなどが充実しているものを選びたいですね。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析