日本ではじめてのクレジットカードとは

日本ではじめてのクレジットカードとは

日本国内では約50年の歴史をもつクレジットカード。このクレジットカードの歴史を、もう少し詳しく見てみましょう。

1960年に設立された日本ダイナースクラブが同年に発行した丸井のクレジットカードが、日本ではじめて発行されたクレジットカードです。ここから日本のクレジットカードの歴史が始まりました。

このカードは割賦販売用のツールとして発行されたもので、使用は一回限り。立替払い契約を行う今のクレジットカードとは別物でしたが、割賦や月賦と言われていた支払方法を「クレジット」と称したのは、これが初めてだったと言われています。

翌年、1961年には当時の三和銀行と日本信販が日本クレジットビューロー(現JCB)を設立。1963年には日本ダイナースクラブがクレジットカードを発行しましたが、当時は手帳の形をした紙のカードだったというから驚きの歴史です。

その後もさまざまなカード会社が設立され、MasterカードやVISAカードと提携することで、国際カードが普及していきました。また銀行系のみならず、信販系や提携先独自のサービスがついた提携カードなど、現在ではかなりの種類のカードが発行されています。

それらの歴史に伴って、カードの機能も多彩に変化しています。カード利用料金の支払い方法も一括・分割のみならず、毎月決められた一定額を支払うリボルビング払い(リボ払い)やボーナス払いなどがあるほか、提携機関での利用時の割引サービスや、利用金額に応じたポイントサービスなど、カードやクレジット会社によってかなりの違いや差があります。

今までもこれからも、クレジットカードは様々に変化し、歴史を作っていくのかもしれませんね。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析