クレジットカードの審査を知っておこう!

クレジットカードの審査を知っておこう!

一枚あれば本当に便利でオトクなクレジットカード。でもこのクレジットカード、誰でも持てるというわけではないこと、ご存知でしょうか。

クレジットカードへの申し込みから発行までの流れの中に、審査というものがあります。
この審査では、申込者の住居や職業、年収といった情報を審査し、クレジットカード発行の可否やカードの利用限度枠などを決定しています。この審査に通らなければ、クレジットカードが発行されることはないのです。

ではこのクレジットカードの審査は、誰がどのように、何を基準としておこなっているのでしょうか。
クレジットカードの審査は、大きく二つの段階に分けて行なわれています。クレジットカードの申込書に記載された内容を元に、まず初めに審査をおこなうのは日本に5つある「信用情報機関」です。ここで申込者個人の他社カードの発行状況や、支払い状況などの情報を調査します。

こうした「信用情報機関」は大手クレジットカード会社の共同出資で設立されたものが多くなっています。
この審査を通ると、次に各クレジットカード会社で審査を受けることになるのですが、この審査は各社が独自の基準に基づいておこなっており、詳しい審査内容や審査の通りやすさなどは、クレジットカード会社各社でかなりの違いがあります。

こうした二段階の審査があると聞くと「クレジットカードは欲しいけど、審査に通らないかも・・・」と不安になってしまう方もいらっしゃるかと思います。
でも心配だからといって、同時に何社にもカード発行を申し込むようなことはしないでください。各社の審査で「他社にも同時にたくさん申し込んでいる」ということがわかってしまい、不審とみなされてどこも審査が通らなくなってしまいます。この点だけはご注意くださいね。

先ほども述べたとおり、クレジットカードの審査内容とその柔軟性には、カード会社各社によってかなり差があります。「A社はダメだったけど、B社では作れた」、というようなことがあるかもしれません。
不安でもまずは申し込んで、審査を受けてみましょう。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析