クレジットカードの定義って知っていますか?

クレジットカードの定義って知っていますか?

現金を持たなくても、このカードを渡してサインするだけで、ときには暗証番号を入力したり、サインすることもなしにお買い物ができるカード。
クレジットカードってそういうものだ、と普通誰でも考えますよね。
でもクレジットカードのちゃんとした定義ってあるのでしょうか。

社団法人日本クレジット産業協会によると、「クレジットカードは消費者の信用に基づいて発行されるカードで、消費者はこのクレジットカードを使って、一定の条件(有効期限や利用可能額の範囲での利用や会員規約の遵守等)で、クレジットのシステム(代金後払いでの商品を購入したり、サービスの提供を受ける)を利用することができます」とクレジットカードについて定義してあります。

また、月賦販売法では「クレジットカードはそれを提示し、特定の販売業者から商品を購入可能な証票及びその他の物」と定義づけられています。
わかりやすく考えれば、やはり提示してサインをすれば買い物ができるカード、それがクレジットカードの定義ということですね。

クレジットカードの「クレジット」という言葉は、広い意味で「販売信用」と「消費者金融」を総称して表すこともありますが、一般には販売信用をクレジット、消費者金融をローンといいます。クレジット(販売信用)もローン(消費者金融)も「支払いをする能力がある」という消費者の「信用」をもとに成り立っているシステムなので、「信用」が伴なわなければ利用できません。

つまりクレジットカードを持つ、ということは、そのカードを発行している会社からの信頼を得ていることになる、と言い換えることができます。

消費者の「信用」をもとに成り立っているクレジットカードの定義。この「信用」という言葉を忘れることなく、賢くじょうずにクレジットカードを使いこなせるといいですね。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析