銀行系クレジットカードってどのようなカードなのか

銀行系クレジットカードってどのようなカードなのか

ひとくちにクレジットカードといっても、その種類はさまざまです。
では、よく耳にする銀行系クレジットカードとは、いったいどういうものなのでしょうか。

カードを発行する企業の中でも、銀行がその母体となっているカードを銀行系クレジットカードといいます。
1982年に銀行法が改正されるまでは、規制によって銀行はクレジットカードを発行することができなかったため、1961年設立の日本クレジットビューロー(現JCB)のように銀行がグループ会社を設立する形をとってクレジットカードを発行していました。

しかし銀行法の改正後は、各銀行が積極的にクレジットカード発行をおこなったため、現在でも銀行系による発行が主流となっています。

銀行系クレジットカードで有名なものは、三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJニコスカードやみずほフィナンシャルグループのUCカード、三井住友フィナンシャルグループの三井住友カードなどがあります。
また外資系では、シティグループのシティカードジャパンなどがよく知られています。どれも良く耳にするカードばかりですよね。

銀行系クレジットカードは、その安心感からか、今や信販系クレジットカードの2倍近い発行枚数になっているとか。
やはり信頼度の高い金融機関である銀行が発行しているものなので、銀行系クレジットカードはその安心感から利用者数が多いのかもしれません。
銀行系のカードをお持ちのかたは多いのではないでしょうか。そうゆう私もしっかり1枚持っています。

こうした銀行系クレジットカードには、VISAやJCBといった有名なブランドがあり、もちろん国際ブランドもしっかりと兼ねています。バツグンの安心感と信頼感を持った一枚、それが銀行系クレジットカードなのかもしれません。よく理解してカード選びの参考にしてください。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析