クレジットカードの歴史・定義

クレジットカードの歴史・定義について

現代の社会生活に広く普及しているクレジットカードですが、あなたはどのくらい知っているでしょうか。
クレジットカードの「クレジット」とはどうゆう意味なのだろうと思ったことはありませんか?

いつ、どこで、どのようにしてこのサービスが始まったのかという事をひも解いていくと、意外と知られていない歴史があります。
世界で初めてのクレジットカードとは?そして日本において初めて発行したのはどこなのでしょう。
そしてカード社会と言われる現在に至り、普及率は年々増加し、それに合わせて市場規模も増加の一途をたどっています。

また、デパートやネットショップなどで普段当たり前のように利用しているこのサービスのしくみを知っていますか?
普段からよく使うクレジットカードのサービスだからこそ、どのようなしくみになっているかをしっかりと理解しておく必要があります。

ひとくちにクレジットカードといっても、さまざまな種類があります。一般的にはその母体となる会社によって、おおまかに分類されます。
文字通り銀行が母体となっている銀行系、百貨店やスーバーが母体の流通系、割賦購入あっせんやリース事業、信用保証業務などを行なっている金融会社が母体となっている信販系などに分類されています。
それらのカードの特徴やメリットにはどんなものがあるのでしょう。

これからも長く付き合っていくことになるであろうクレジットカードの、歴史やしくみ、種類などをまず知りましょう。


「歴史・定義」記事メニュー

QLOOKアクセス解析