中小企業が銀行から融資を受けるには

中小企業が銀行から融資を受けるには

中小企業の経営者の方なら、銀行からの融資がどれほど難しいかご存じだと思います。銀行から融資を受ける時には、中小企業の場合ならやはり経営状況などを細かくチェックされます。融資できると判断されるには、やはり様々な手続きが必要です。

銀行融資の審査の一番の決め手は、やはりその中小企業の決算書だと思います。これを見る事によって、赤字があるか、これからきちんとした儲けを出していけるのかという事が一目瞭然です。ですので、これから融資を希望されている方は、やはりなるべく良い決算書になるように努力しなくてはなりません。

黒字ばかりならお金なんて借りない、とお思いでしょうが、やはり銀行から見ると、赤字の補てんばかりの理由では貸すに貸せないのではないでしょう。考えてみると当たり前の事です。ですので、良い決算書にする事と、その他の書類はきちんと制作する事が鍵になってきます。

たとえば返済計画書。これはついつい適当に書いてしまいがちですが、きちんとした裏付けのもとに書いたものは高く評価されます。これは、相手だけではなく自社のビジョンを見なおすいいチャンスだといえるので、いろいろな意味で丁寧にかくといいと思います。

そのほか、試算表や借入残高表、担保明細など多くの書類が必要になりますので、ひとつひとつ抜ける事のないように準備しましょう。


「融資を受けるときは」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析