融資を受けるときの担保とは?

融資を受けるときの担保とは?

銀行や消費者金融などから融資を受ける場合、金額や内容、本人の素性によっては保証人を立てる事などを求められる事があります。このようなものは、お金を借りる側がもしもなにかの理由から返済できなくなった場合に、返済の代わりになります。つまり、保証人であればその人が代わりに返済をしますし、土地などの担保なら権利を譲渡する事になります。

相手の金融業者から言うと、やはり返済してもらわなくては経営が成り立ちません。しかし、人間ですのでいろいろな事が想定されます。もしも、そうなった場合のためのいわば保険みたいなものです。
担保にできるのは、やはり土地や建物などをよく聞きますが、預金や所有している貴金属や絵画などの価値のあるものでも担保にする事ができるそうです。

しかし、最近では担保なしでの融資が可能なものも増えてきています。より気軽に利用できるように、またはより多くの顧客をもてるようにと考えられたもののようですが、そのような商品は大抵高金利のものも多いのでどちらが良いとも言えません。ただ、利用する方としてはやっぱり利用しやすいですね。

最近では、住宅ローンのような高額の融資の場合でも、担保なしで利用できるようになってきました。代わりに保険に入る事になるので、その保険料を支払う事になります。無駄なようですが、人には迷惑はかかりませんし土地も安全なので、ある意味良いシステムだと思います。


「融資を受けるときは」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析