銀行融資のメリットデメリット

銀行融資のメリットデメリット

銀行から個人で融資を受ける場合、一番のメリットだと言えるのがその金利の低さではないかと思います。消費者金融などと比べると、やはり金利の面では各段に魅力的です。

また、いつも利用している銀行であれば使い慣れた自分の預金口座からの引き落としができるので、返済を忘れてしまう事なども少ないと思います。また、大手銀行の場合はお店自体も日本全国にある上、ATMなどももっと多く存在するため返済に関してはかなり便利がいいと思います。

逆にデメリットと言えば、やはり審査が厳しいところでしょう。これは個人だけでなく企業なども同様です。
そして、手続きにも時間がかかり審査までの期間が長い事もデメリットです。手続きに関しては、いつもの銀行を思い出すとわかると思いますが、窓口に出向いたら自分の順番までまたなければいけません。

その上、そこから手続きに必要な書類などを用意して、また改めて窓口出向いて…と、正直面倒くさいと思うほど通わなくてはいけません。そこまでしても、結局審査に通らない事もありえるわけです。

ただ、最近では銀行のサイトなどでどのような融資にはどんな書類が必要かという事や、申し込みもネット上で行えるところもあります。融資までの時間を短縮したい場合や忙しい方などは、そのようところを見つけて挑戦するのも良いのではないでしょうか。


「融資を受けるときは」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析