公的融資について

公的融資について

住宅ローンや教育ローン、カードローンなどのローンは、いつの時代でも人のライフプランにおいてなくてはならないものと言っても過言ではありません。やはり、マイホームや子供の教育費などにはまとまったお金が必要です。わかってはいてもその時までに用意できないものです。

ローンのサービスを扱っているところも、銀行などの金融機関や国民生活金融公庫などから、消費者金融などにいたるまでいろいろな種類があります。そのどれにも、それぞれのメリットとデメリットがあります。

マイホームや子供の大学進学などの費用の融資なら、やはり銀行や公庫などで受けられる融資が低金利なので安心です。住宅ローンなら住宅金融公庫、年金融資など公的なものがやはり低金利です。

公的なものは金利などの不安が少なく安心ですが、条件が少し厳しいかもしれません。基本的には、70歳未満で月収が月々の返済額の5倍はある事が条件です。これだけなら比較的簡単ですが、建てる家の敷地面積や耐久性、省エネ性などまで基準を満たしていないと融資が受けられません。

また、他の借金などにはつきものの借り換えですが、公的融資の場合はその他のローンなどからの借りかえはできない決まりになっています。イメージで言うと、少し自由がきかないといったら良いでしょうか。
しかし、そのような条件さえ満たせば金利の面で考えると大変お得に借りられるので、見逃さない手はありません。


「融資を受けるときは」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析