グレーゾーン撤廃により下げられた消費者金融の金利

グレーゾーン撤廃により下げられた消費者金融の金利

なにかと金利が高いイメージが先行しがちな消費者金融ですが、実は最近になって金利が引き下げられています。理由は、利息制限法で決められている金利の上限と出資法で決められている利率の上限の間、つまりグレーゾーンの問題が出資法改正により撤廃された事に深く関わっています。

こうした傾向は、利用者にとっては返済しやすくなり嬉しい事ですね。しかし、消費者金融に限らず他の金融業者でもそうですが、金利が低くなればなるほど上がるのが審査基準です。消費者金融は、やはり利息で儲けています。ですから、それが低くなればより優良な顧客と取引したいと思うのは当たり前の事です。最近一番よく目にするのは、年収いくら以上で他社の利用件数を定めているところです。

前から多重債務の利用者に関しては厳しい業界でしたが、またさらにハードルが上がったようです。1社ごとの借入が少なくても、何社からも借りているような人は、この機会に一本化してもいいかもしれません。

一番避けたいのは、今回金利が引き下げられた事で上げられた審査基準により借りれなくなった人が、仕方なくヤミ金に手を出してしまう事です。借りられないと焦ってしまう方もいるかもしれませんが、そこは早まらずに何社か挑戦してみましょう。
会社によって決められた基準は違いますので、もしかすると大丈夫なところがあるかもしれません。

しかし、その場合続けて何社もに申込みをすると「申込みブラック」といわれる状態になり、どこの審査にも通らなくなる為、ある程度の期間をおいて再チャレンジするようにしましょう。


「消費者金融で失敗しない」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析