消費者金融の実態を見てみよう!

消費者金融の実態を見てみよう!

消費者金融から融資を受けたい場合の最初の難関は、やはり審査に通るかどうかという事ではないでしょうか。過去に自己破産をしていたり延滞の履歴がある人は特にその実態は心配な事と言えるでしょう。

個人信用情報登録機関には、そのような情報が登録されています。消費者金融をはじめ、各貸金業者はそれを共有して見る事ができますので、もしも過去にそのような金融事故を起こした経歴がある場合には、きちんとその情報も登録されています。審査の時には他に年収なども聞かれたりします。もちろんある程度の基準はあるでしょうが、実態としてははこのような情報を参考に可否を決めているようです。

そうなると、過去にそんな金融事故を起こした方は一生消費者金融からお金を借りられないと思ってしまいますね。ですが、そんな方には少し嬉しい実態があります。個人信用情報登録機関の情報は、実はそのデータごとに期間が決められているのです。

その期間というのは、公開されるわけでないので誰にもわかりません。しかし、実態は7年くらい経過すれば大体の情報は消えるようです。7年後の時点で、収入面などに問題がなければ新規の借入が可能であるといえます。

このような意外と知っているようで知られていない消費者金融の情報は、知っておいても損はないのではないでしょうか。そして、また新たにそのような履歴を上塗りする事のないようにしたいものです。


「消費者金融で失敗しない」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析