消費者金融のブラックリストって本当にあるの?

消費者金融のブラックリストって本当にあるの?

消費者金融には、融資をしてはいけない客を集めたブラックリストがある、などといった事をよく耳にしますが、実際には存在しないのが実情です。

しかし、ブラックリストなどという名前ではなくても、信用情報機関で管理している消費者金融の業者が共有できる情報は存在します。ブラックリストというのは、つまりその個人情報により現在の借入状況や取引状態などから融資を受けられなかった人が勝手に作った想像みたいなものです。

ですが、実際に債務整理をしたり返済が滞ったりしていればそれは一目瞭然です。逆に返済に延滞などがなく完済している事実などもきちんと載せられるので、信用を得るならやはりきちんと返済するべきです。このような優秀な債権者の情報は、俗にホワイト情報と言われているようです。

また、そんな個人情報には、たとえば、「○○の消費者金融に申し込みしたのに審査に通らなかった」という履歴も一定期間残ります。また、続けて何社もに申込みをしていた場合、これも「申し込みブラック」と呼ばれ、審査のスコアに響くようです。

そんな申し込みの時点でつまづいた場合でもあきらめるのは早いと思います。金利が高めになるほど審査基準が低くなりがちです。低金利にこだわらずに探してみると良いでしょう。

ブラックリストではないですが、色々なサイトに、金利の情報だけでなく審査レベルなどまでかいた比較サイトなどもありますので一度チェックしてみると良いのではないでしょうか。


「消費者金融で失敗しない」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析