借金の一本化のメリット・デメリット

借金の一本化のメリット・デメリット

借金を複数の業者にしてしまった場合、高い確率で支払いができなくなる恐れがあります。
基本的に、いくつもの金融業者に借金をしてしまう人は、自己管理ができていないとみなされる事となり、そうなれば多くの金融業者はお金を貸さなくなります。

そうなると、借りられるのは高金利の業者だけとなり、そこで借金をするとさらに返済が難しくなっていくという負の連鎖に捕まってしまう事になります。こうなってしまうと、しっかり支払いができる人はまずいないでしょう。そもそも複数の債務をしっかりと返済できるのであれば、そこまでキャッシングをしないでしょう。

そのような状況における解決方法の一つに、借金の一本化があります。これは、複数の金融業者に抱えている借金を一括し、一つの業者に返済する体制を整える事です。

この業者が低金利であれば、それまでより返済額がかなり少なくて済むので、そういった面では有利といえます。一本化することで、複数の業者に取立てを受けたり、支払いをしたりする事で精神的に参ってしまうという状況を打開できるという意味でも、大きなメリットとなるでしょう。

ただ、この一本化は審査が厳しい上、低金利を誘い文句にした悪徳業者に捕まってしまう可能性が非常に高くなるので、安直な考えで利用する事は控えた方が良いでしょう。まず一本化をした方が得かどうかより、その業者が安全かどうかをしっかり確認した上で検討する必要があります。

一本化はメリットもありますが、同時にデメリットも存在している事を忘れてはなりません。


「借金について考える」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析